ArabicEnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanPortugueseVietnamese

SaraCamera(for iPhone,iPad) 使用例

スマホに保存されている写真を読み込んで一緒に写す

※どこで撮影したのか、写真を見ただけでわかります。

スライダーを動かして見比べる

古い写真やネガをデータ化しスマホに入れておき、同じ場所へ行き、透過スライダーを動かして昔と現在を見比べる。

(1)家にある古いアルバムを見て、写真をスマホ内蔵カメラで撮影して保存しておく

(2)同じ場所に行く

(3)SaraCameraを起動してその写真を読み込み、スライダーを動かして「感傷に浸る」

※今昔写真(昭和の写真)や四季の移り変わりを感じていただきたいと思います。

文字を入力して外国語に変換して一緒に写す

文章を入力して送信後、国旗をタップして下さい。

ストップウォッチを表示して観る・撮る

画面上の好きな場所にストップウォッチを置いて、見ながら計測できます。
ゴールのところで撮影するとか、、、、※誤差あるかもしれませんが(汗)

文字を書きこんでから、撮影する

文字を入力する場合は、上部アドレスバーに左をタップして下さい。

キャラクターと一緒に写る

例:https://jiin.com/tan/drag3.html←←動かせます。

※タブ付け投稿 → ロゴ付き写真コンテストなどをすぐ始めることができます。
※自治体・観光協会様へ:「キャラクターと一緒に撮る専用アプリ」を作る必要はありません。
もしキャラクター画像(背景を透明化してPNG形式がベスト)がございましたらお問合せください。

背景透過画像を簡単に作るスマホアプリは、「背景透明化」やいろいろあります。

背景透過HPを作っておきQRコードでアクセス

SaraCamera アイコン:絵師 冬奇

※自社工房の展示室などで使ってください。見学者への対応にとても役立ちます。
(※Gtranslateなどを使い、各国語自動翻訳サイトなどを構築しておくとさらに便利です。)

工房見学者さんはすべての方がiPhoneとは限りません。2世代前のiPhoneは中古で出回っているので、それを貸出機としてご活用したらいかがでしょうか。

対応ページの作り方の例(html + CSS)

このページは WordPress ですが、htmlでも簡単に作れます。
背景を透明にして、文字に縁取りを入れていただくと、カメラで向こうを見ながらホームページを読みやすくなります。

参考はこちら。

サンプルページ(背景透明・浮き出しフォント・Google翻訳付き・wordpress

「署名」や「コピーライト」画像を入れて撮影する。

PCで背景透過の画像(署名サイン画像などのPNG画像)を作っておき、スマホにメール等で送り、スマホ内アルバムに保存しておいてください。

★サイト紹介:モジマルさん

SaraCameraを起動して「WEBページ・アルバム」切り替えボタンで、保存してある画像を読み込み

適当な場所にセットした状態で「シャッター」ボタンで撮影!

業務用途:型番・仕様などの文字を表示して撮影・メール送信。

※製品写真をメールで送って、その写真を見ただけで品番・メーカーなどがわかるようになります。

【画廊・店舗運営者・ホームページ製作会社様・企業様へ】

通常のブラウザとSaraCameraの違い

SaraCamera対応ページ(背景透過・多言語対応)を作りましょう。お問合せ下さい。

※商品データベースと連動可能

ログなどを一切取得しませんので、安心してお使いいただけます。

SaraCamera対応コンテンツ作成計画:

観光で来た外国人の方に重宝されることを信じて、、、、立て看板にQRコード

→→→ 説明・翻訳付きの自社サイトへジャンプ!

背景が透過で浮き出し文字

だと、SaraCameraで見やすいサイトになります。

FacebookPage:https://www.facebook.com/jiincom/



このページはSaraCameraで見ると見やすいページです。

スライダーを一番下に動かせば、かぶせるものが表示されませんので、普通のカメラとして使えます。

シャッター音が鳴りませんので無音カメラとして使えます。

普通のQRコードリーダーと違うところは

(1)読み込んだWEBページの向こうが見える
(2)WEBページを左側にあるスライダーで透過(濃淡)調整ができる

というところです。

カメラ被写体にスマホ内アルバム写真やWEBサイトのコンテンツを被せて表示・撮影できるどこかにありそうな超シンプルな無音カメラアプリ(無料)です。

国内だけでなく、海外の方にも使っていただきたいと思います。スライダーで透過濃淡を調整してください。

Safariで見ているWebページを透かして見る

SaraCamera最新版では、SafariブラウザのシェアボタンからSaraCameraへ送ることができるようになりました。

SaraCameraを起動すると、Safariで見ていたページが表示されます。※シェアボタンがある多くのアプリからSaraCameraへ送れます。

Instagramでの方法はこちら